ランキング攻略方法

ステップ1:"IN"と"OUT"の仕組みを理解する

ランキングサイト攻略に欠かせない知識が『IN』『OUT』についての理解です。

『IN』と『OUT』
ランキングサイトに登録すると、INタグを発行してもらえます。
このリンクをクリックさせるほど、ランキングで自分のサイトが上位に表示され、ランキングサイトからのアクセス(OUT)が増えやすくなる仕組みです。

ここで注意しなければならないのが、水増し行為です。

ランキングサイト側では、暗黙の了解として勝手にOUTを水増しする行為が今でも行われています。
アフィリエイターのほうでも、OUTが多い優良ランキングサイトかを見るのと合わせ、不自然なOUTが付いていないかを判断しなければなりません。


ステップ2:サイト量産作業

携帯アフィリで成功している人の典型的な例の1つが、『子サイトの量産』です。

いくつもの子サイトをつくって様々なランキングサイトに登録しまくり、小さなアクセスをかき集めます。

イメージとしては、アフィリエイターがSEOの為にゴミのような捨てサイトを作っているのと同じ感じです。

子サイトのランキング登録。ここでは、中規模程度のランキングサイトを狙います。ポッと出のサイトで、大手のランキングサイトの上位を狙うのは、かなり困難です。


ステップ3:本サイトからは大手ランキングを狙う

ステップ1〜2で、小さなアクセスがいくつも得られるようになったら、最後にそのアクセスを自分のメインのサイトに集めましょう。

そうすると、メインサイトには常にある程度まとまったユーザー数が得られる状況が発生します。

そのアクセスを持って、大手ランキングサイトへの誘導タグを設置します。

大手ランキングサイト上位表示の効果は今でも相当なものがあり、尚且つOUT数(アクセスアップ量)も上位表示されたページのほうがINに対して割が良い構造が出来上がっているので、リターンが増え続ける『正』の循環へと持ち込む事ができます。

地味で大変な作業ですが、かけた手間にある程度見合うリターンが得やすい構造です。

特に、携帯ユーザーは母数と接触時間が半端ではないので、今でもこの方法が通用すると思います。


自クリでIN上げ

自クリとは、自分のサイトのランキングタグを自分の携帯電話からクリックする行為です。

ランキングサイトにもよりますが、例えば、Rank Nationで作成されたランキングサイトの場合、同一携帯からの4連続投票はカウント無効になるように設定されています。

しかし、裏を返せば、3連続投票までは正常にカウントされるということになります。

仮に、毎月1回のリセットが行われるランキングサイトでは、毎日自分の携帯から3票ずつクリックしたとき、リセット時には90票ものINが入っている事になります。

登録したランキングのジャンル次第では、自クリだけで上位に入れるのです。


騙しリンク

ランキングサイトに登録すると、ランキングタグが発行されます。

そのランキングタグをサイトに貼り付けることで、ランキングへの参加が完了するわけですが、そのランキングタグのリンクテキストを変える事で、騙しリンクを作ることができます。

[携帯アフィリエイト]
[無料着うたサイト]

上の2つのリンクでは、同じリンク先であるにもかかわらず、[無料着うたサイト]の方がクリックされる可能性は高くなります。
当然ですが、無料で着うたをダウンロードできるなら、お得な話しですからね。

この心理を利用して、嘘のリンクでランキングタグをクリックさせる事を、『騙しリンク』といいます。
騙しリンクも、上手く使えば効果はありますが、悪印象をあたえずにリンクを設置するのは、とても難しい事と言えます。

コツとしては、クッションページのないランキングサイトで、ランキングサイトにリンクされても不自然でない形で設置することです。

コンテンツ部分の1番下に、『他の情報を探す』のような形でランキングタグを貼っても、クリックした人に『騙された!』という意識は生じにくいと思われます。

ただ、覚えておいてもらいたいのは、『騙しリンク』は基本的に不正行為です。

ランキングサイトの運営側は、ランキングタグの文字部分を、ランキングサイトだとわからない形に変える事を認めていない事が多いからです。

ランキングタグの文字部分を変えると不正行為とみなし削除されることがあります。

これと同じことですが、リンク先を変えて、ランクリをさせる行為も同じです。

騙しリンクを使用しすぎると、サイトの信用を失ってしまいます。使用する場合はほどほどにしておくことです。


鍵探し

鍵探しとは、サイトコンテンツの中で極めて重要な部分などを簡単には閲覧できないように、パスワードを必要としたり、入り口を探させたりする手法のことです。

パスワードを入手する方法として、
@ランキングタグの中に潜んだパスワードを見つける。
Aランキングサイト内のサイト説明文の中のパスワードを見つける。
B特定のサイトに登録させる。
Cメールマガジンに登録させる。

などがあります。

入り口探しの方法としては、ランキングの中に入り口を探させたりします。 これは、サイト運営者に何らかのメリットがある方法が主流となっています。

ランキングタグのクリックを強要したり、特定サイトやメールマガジンに強制的に登録させたりするわけです。

この方法は、下手をすると非常に嫌われる方法である事を覚えておきましょう。 パスワードや入り口を探さなければならない訪問者や、他サイトの運営者からも嫌われてしまいます。
鍵をかけるページには、それ相応の情報が得られる場合でなければなりません。

ちょっと調べれば入手できる情報であった場合、サイトとしての信用を大きく失ってしまいます。

鍵をかける価値があると判断したページにのみ、鍵をかけるようにしましょう。

自クリや騙しリンクなどと違い、鍵探しはランキング側にも多少なりともメリットがあります。

ランキングサイトは、登録サイトからのアクセスによって成り立っています。 そのアクセスを提供する行為である以上、むしろ歓迎すべき行為だと思います。

騙しリンクや画像リンクなどとの決定的な違いは、訪問者に選択権があるかどうかです。 騙されてクリックしてしまう場合と異なるのは、鍵探しの場合はその先に有益なコンテンツがあります。 しかし、騙しリンクや画像リンクなどには、訪問者に何のメリットもありません。

鍵探しは誰にとってもそれなりのメリットがあるので、貴重な情報が用意されている限り、嫌悪される理由はないと思います。

鍵探しをさせる場合、問題なのは、先のページにどのようにつなげるかという点です。

これには2つの方法があります。

1つ目は、パスワードを設ける方法、2つ目はパスワードを設けない方法です。

パスワードを設けるときには、そのパスワードをどこに書いておくか。

パスワードを設けないときには、その先のコンテンツにどのように辿り着かせるかが難しいのです。

1番簡単なのは、パスワードを設けて、そのパスワードをランキングサイトの説明文に書いておく方法です。

『これらのランキングのどれかの説明文に、パスワードが書いてあります』

こういった但し書きを添えてランキングを列挙しておけば、訪問者が勝手にランキングタグをクリックしてパスワードを探してくれます。

メールマガジンを発行して、そこにパスワードを記載する方法もあります。

訪問者が十分に多くなり、ランキングの順位をこれ以上あげる必要のないサイトの場合、アクセス維持のため、メールマガジンを発行するのも効果的でしょう。


ランキング勧誘

掲示板などに、ランキングサイトの勧誘の書き込みがあることがあります。

その勧誘の書き込みになりすまして、別サイトの掲示板に書き込みをする手法が『ランキング勧誘』です。

この書き込みをする際、ランキングのURLを入力するのですが、そのURLを自分が登録したランキングサイトのランキングタグのURLにしておくのです。

その書き込みからクリックするのは、書き込みされた掲示板の管理人だけでしょうが、かなりの確率でクリックされます。

毎日いろいろな掲示板で書き込みを続ければ、相当なIN数になります。

ただし、これも不正技です。


画像リンク作成法

サイトに画像をアップする際、その画像URLを含めた画像タグをリンクタグに挟むと、画像をクリックすればアクセスできるページが出来ます。

このとき、リンク先のURLをランキングタグにしておくと、想像以上にINが入ります。

何を期待してクリックするかは人それぞれですが、画像にリンクを付けておくと、なぜかやたらとクリックされます。

はっきりとは言えませんが、おそらくこれも不正行為です。

おそらくというのは、明確に法律や規制に違反した行為とは言えないというだけで、フェアじゃないのは事実です。

応用の仕方はたくさんあります。

画像の種類というのは、サイトの雰囲気に合わせて自由自在です。 アダルト画像などにしておく事も可能なのです。

[←アクセスアップSEO対策TOPへ戻る]